スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若者の海外旅行離れ・ブログで伝えたいこと

人気ブログランキング:今10位です、よろしくお願いします♪

0511 068


若者の海外旅行離れが深刻化しているらしいです。

本当に様々なメディアで大きく取り上げられています。私はそれらの記事をストックしているのですが、その原因は「日本に楽しいことが多すぎる」ことだそうです。

例えば韓国旅行ひとつとっても、焼肉だって垢すりだって、日本に安心でいいものが揃っているから、わざわざ韓国に行く理由がない、というのが若者の「海外旅行に行かない」理由だそう。他にも「旅行以外のことにお金を使いたい」「パソコンで検索すればなんでも出てくる時代だから、情報だけで行った気になってしまう」などが理由として挙げられています。

私がわざわざ世界一周のブログをやるのは、「海外旅行なんて行く暇があったらインターンだし!」っていう人が増えてきたからかもしれません。そういう人に、このブログを通して「でも海外も自己成長の機会として、捨てられない選択肢のひとつだと思うよ」ということを伝えられればいいなと思っています。上から目線の文章になってしまって、自分の言いたいことがうまく伝わっていないかもしれませんが…。

私は海外に住んだり、そこでいろいろな人と交流を持つことによって、人生が変わりました。人生の大きな転機は全て海外での体験がもとになっているといってもいいくらいです。今、「アグレッシブだねー」と友達に褒められるこのフットワークも、恐らく海外に行っていなければ、なかった気質です。だからこそ、もっと多くの人が海外に足を運んで実際に自分の目で見て、本で読んだことを確かめて、さらにそれ以上のものを得て帰ってくることができればな、と思っています。自分の価値観が180度変わるような出来事って、日本だとなかなか起こりえないけど、海外ではそれが日常です。

9 018


私もお金がないけれど、借金をしてでも、海外には、大学生のうちに行っておくべきだと思います。「百聞は一見にしかず」じゃないけれど、世界のことは、その場に行ってみないと、語れないと思うから。

マチュピチュに行くのも、モアイを見たいのも、モロッコの市場に行きたいのも、全部本や映画で知っていることを実際に自分の目で確かめたいから。そして、そこには登場しなかったものを探してきたいからです。それは現地の人の生活ぶりであったり、新しい食べ物だったり…何かは行くまではわからないけれど、そういうものを自分で発見するのが、今後の人生で意外と大事になってくるのではないかなと思っています。

「タダで世界一周したい!」と書いていて、企画が軽く見えるのは怖いのですが、根底には「世界を知りたい」という強い欲求があって、世界を知るのは自己成長のためです。だから、「タダで」の部分は見せ場ではあっても目玉ではないのです。世界一周したいという欲求が先にあって、その手段でブログを使った企画をしていますが、ただ目立ちたいからとか、そのような理由でこのブログを立ち上げたわけではないことをちゃんと記しておきたいと思います。

他にもいろいろ「旅」というものについて、思うところはあるのですが、追々書いていきたいと思います。

※写真は3月に行った時に撮った、ラスベガスの、「ニューヨーク・ニューヨーク」です。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。